メニューアイコン
アクセス
教員紹介

教授

教授
岩田 浩康
Hiroyasu Iwata

<研究指導名>
ニューロ・ロボティクス研究

人の心技体に関わる脳神経科学等の学問とロポット工学を融合することで、脳神経系の再構築まで促す人間支援機械のデザインの在り方を追求しています。身体感覚を増強するリハビリ支援RTや救急診断・癌治療ロボット、大型な建設機械を手足のように操るための知能化技術の研究開発が主なテーマです。


教授
上杉 繁
Shigeru Uesugi

<研究指導名>
共創インタフェース研究

人と自然と機械の「間」のデザインが研究テーマです。生命システムの構想に基づき、身体の運動感覚・イメージを創出するインタフェース、身体的つながり感・一体感を生みだすコミュニケーション、痛みなどの主観現象や雰囲気を伝えるディスプレイなどを研究開発しています。


教授
梅津 光生
Mitsuo Umedzu

<研究指導名>
医用機械工学研究

生体の血液循環系にかかわる機能を工学的観点からシステム的にとらえ、その挙動の本質を実験と計算による検証を通じて明確化します。医療の安心と効果の科学的根拠を提示することを目指しています。


教授
大谷 淳
Jun Ohya

<研究指導名>
画像工学研究

機械の視覚機能を実現するための画像処理技術を研究対象としています。外界の状況や操作対象を画像処理により認識して自立的に行動可能なロボットや、手術ナビケーション等の医用工学への画像処理応用を目指すとともに、画像処理全般の研究も進めています。


教授
勝田 正文
Masafumi Katsuta

<研究指導名>
環境・新エネルギー研究

環境負荷の低い作動媒体を用いて沸騰や凝縮など、主に気液聞の相変化をともなう伝熱や現象を中心に研究を展開しています。ヒートパイプやコンパクトな熱交換器の伝熱特性の解明と高性能化、気液二相流の流動と伝熱メカニズム、水素とMHを利用したシステムなど、環境に配慮した冷凍空調分野の未来を拓いてゆきます。


教授
草鹿 仁
Zin Kusaka

<研究指導名>
熱エネルギー反応工学研究

内燃機関や触媒による排気浄化システム、燃料電池などの内部で生じる化学反応と熱・物質移動により支配される現象を実験とシミュレーションの両輪で研究しています。燃焼や有害排出物質の生成・分解のメカニズム解明とその制御を通じて、 次世代パワーシステムの実現を目指しています。


教授
菅野 重樹
Shigeki Sugano

<研究指導名>
知能機械学研究

人聞の心身モデルをペースとしたバイオメカニズムのアプローチによる、人周の生活支援や人間と共同作業ができるロポットの開発、人間にサービスを提供する環境の設計・構築、機械システムにおける心(知能・感情、学習)の探求を通して、人間と共生できる機械の設計原理の導出を目指しています。


教授
高西 淳夫
Atsuo Takanishi

<研究指導名>
バイオ・ロポティクス研究

ヒューマノイド〈人間型)ロボットの設許・制御手法およびその応用手法の確立を目指して、機械モデルに即した実証的な研究を進めています。「ロボットにとって究極のお手本は人間(生物)である」という考えに 立脚しています。2足歩行、情動表出、音楽演奏、医療訓練用仮想患者など、様々な機飽のヒューマノイドの開発を進めています。


教授
大聖 泰弘
Yasuhiro Daisyo

<研究指導名>
環境・モビリティ研究

内燃機関や燃料電池、モーター・バッテリーなどを組み合わせたハイブリッド化を含む動力源、それらを用いた新交通システムを研究対象としています。動力性能と環境性能の評価とそれらを高次元で両立できる新しい燃焼方式や新燃料、排気浄化に関する研究を通じて、クリーンな次世代モピリティの実現を目指しています。


教授
中垣 隆雄
Takao Nakagaki

<研究指導名>
環境・化学エネルギー変換研究

化学・熱・電気エネルギーの相互変換システムを研究対象としています。高効率な燃料電池や化学再生発電システム、CO2分離回収貯留(CCS)を組み合わせた水素製造やコプロダクションシステムの開発を通じて、持続可能な近未来のエネルギーシステムの実現を目指しています。


教授
宮下 朋之
Tomoyuki Miyashita

<研究指導名>
システムデザイン 研究

力学的特性を考慮する予測・解析技法を活用した実験検証・机上検証との整合性を考慮した設計技法の改善・考案を目的とした一連の研究を実施しています.構成要素が多岐にわたり,技術分野が多岐にわたるような問題も取り扱っています.たとえば,機械(構造・熱・振動・衝撃)・電気・通信などが関連する人工衛星を設計・製作しています.研究室サイトをご覧ください.


教授
三輪 敬之
Yoshiyuki Miwa

<研究指導名>
共創、コミュニケーション研究

生活の場を支援する共存在コミュニケーション技術や、自然と社会的環境を統合するインタフェース技術、植物集団における場の自己組織化に関する研究をしています。共創表現に向かうコミュニティカビリティ支援技術の設計原理を確立し、安心の居場所づくりを目指します。


教授
山川 宏
Hiroshi Yamakawa

<研究指導名>
最適デザイン研究

本研究では、静的及び動的な荷重を受ける種々の機械や宇宙構造物を対象としており、解析や実験を基に、その性能や機能、強度や安全性、有用性、信頼性、経済性などなどの諸因子を総合的に考慮し、合理的かつ最大の評価を得る最適な設計方法に関する一連の研究をしています。


教授
吉田 誠
Makoto Yoshida

<研究指導名>
輸送機器・エネルギー材料工学研究

近代社会の基盤を構成している機械システム材料に付いて研究しています。自動車・鉄道車両・航空機等の輸送機器や、電力システム・各種プラントなどの高効率化・高信頼化のため、高性能かつ高機能な材料の創製・設計、加工法に関する研究や材料特性の評価を実施しています。


准教授

准教授
石井 裕之
Ishii Hiroyuki

<研究指導名>
バイオ・ロボティクス研究

人間をはじめ、動物や植物などさまざまな生物と共生するロボット・システムの開発に取り組んでいます。生物とロボットのインタラクションを一つの閉ループと考え、生物がもつ適応を積極的に活用することで、両者の間に今までにない共生関係を作りだすことを目指しています。


准教授
梅津 信二郎
Shinjiro Umezu

<研究指導名>
マイクロ・ナノ工学研究

バイオ分野、環境分野、航空宇宙分野などの先進分野では、従来とは一線を画する新しい技術や部品が常に求められています。各分野のブレイクスルーに繋がるマイクロ・ナノ加工技術の確立と高機能なオリジナル部品の創出を目的とした研究を行っています。


准教授
滝沢 研二
Kenji Takizawa

<研究指導名>
流体構造連成系応用力学研究

流体構造連成とは多数の物理が連成する現象の中でもっとも複雑であるといっても過言ではありません。図のパラシュートは変形をしながら、空気を動かすことで宇宙船を減速し、安定な降下を実現しています。私たちの研究室では、このような現象をスーパーコンピュータを駆使し解析することで機械工学に貢献しています。